前へ
次へ

イギリス留学の目的も実に様々に展開

イギリスと一口にいっても、地方に目を向ける学生や社会人もいれば、やはりイギリス留学では首都ロンドンに目を向ける留学生も少なくありません。政治、金融、メディアの中心地でもあり、ファッションから音楽という流行の発信地となるからこそ、若者はロンドン留学を選んでいます。独自の伝統、多種多様な異文化がヒュージョンしたイギリス留学で心得た物事をさらに活かして、短期だった留学生活から気持ちも新たにロンドン留学へとカジきりする強者もいるようです。毎日刺激的とさえいわれるイギリス留学、特に首都圏は様々な国のコミュニティで溢れているともいいます。アメリカ英語やイギリス英語、さらに地方や周りの国々による影響もあり、100以上の言語が飛び交っている話も耳にします。ファッションや音楽のみならず、イギリス留学の目的を「芸術性」に絞っている学生、社会人も少なくありません。イギリスには有名となる美術館、ギャラリー、図書館などが点在しています。それこそ文化遺産もあり、歴史学を修得するにも適しているのではないでしょうか。ちなみに、イギリス留学での支援には、博物館やギャラリーの入館料の割引もあります。スチューデント・カード、いわゆる学生証を提示すれば、様々な特典を受けることができますから、留学生の休日も充実感でいっぱいになるはずです。イギリス留学の正規は7歳から可能だとも耳にします。義務教育が5歳からなのですが、寮制であれば、あまりにも幼さ過ぎることもあって7歳からなのでしょう。ちなみに、短期のイギリス留学(語学留学)ならば、保護者同伴であれば、7歳未満でも受け入れてくれる、歓迎してくれる教育施設も少なからずあるようです。その場合、テキストの読み書きも含めて、保護者にもある程度の語学力は必要になるでしょう。学校の先生、地域の方々との円滑なコミュニケーションが図れるか否かは、保護者の語学力にもよるでしょう。学費の目安としては、年間18000ポンド、日本円で約2500000円ほどは計算に入れておきましょう。

Page Top